剣道

長持ちする道具|剣道の防具のメンテナンス方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

においの原因は細菌

防具

「汗臭い」という言葉をよく聞く方は多いと思われます。しかし、実際には汗は無臭であり、汗をかいていてもにおいが全くしないケースは多々あります。しかし、汗が原因でにおいが強くなることはあります。例えば、衣服を着て汗を書いた場合、最初の数分はにおいがあまりしません。しかし、その状態で時間が経過すればするほど、衣服のにおいがきつくなります。その原因は、衣類に発生する細菌です。
湿った空間というのは、細菌によって絶好の繁殖場所であり、汗によって濡れた衣服はまさに好条件です。そして、そんな好条件で繁殖した場合、細菌が分裂することによってガスが発生します。このガスがにおいの原因です。時間が経つに連れてにおいがきつくなるのは細菌がどんどんと増えているからであり、できるだけ早いうちに細菌を殺すことができれば汗をかいてもにおいはそこまできつくなりません。防具は革製でもあるため気密性が低いのでより湿った空間になりやすいので細菌が分裂しやすくなるので、長く使い込んで剣道の防具は非常に臭くなります。そのため、剣道の防具の悪臭防止は、剣道の防具の汗をいかにきちんと拭い、乾燥させた空間にするかが問題となります。陰干しにして乾燥させ、それでもにおいがきつい場合はにおい消しスプレーをつかえばにおいはなくせます。日光に当てればより滅菌効果が期待できますが、剣道の防具は革製なので傷みやすくなってしまうためあまりおすすめできません。なお、剣道の防具の殺菌及び匂い消しは通販サイトを利用することで評判が良い物を活用することができます。臭い消しスプレーにも様々な種類があるため、まずは通販サイトのランキングを参考にしながら選んでみるとよいでしょう。そうすることで、満足のいく商品が購入できます。