ギター教室を選ぶ時のポイントを大公開【新しい趣味をはじめよう】

Menu

必要な能力

マンガ

想像力と構成力

漫画家になるには、絵を描く才能とお話を作る才能が必要になります。基礎的なことを学びたいのであれば、漫画家向けの専門学校があります。絵がうまくなくても漫画家になれますが、読者にアピールできるものがないと売れるのは難しいでしょう。どんなに絵がうまくても、魅力的なストーリー展開やキャラクターが作れないと、漫画を描き続けることはできません。漫画家になるには、漫画家向けの専門学校に行く以外に、多くの小説を読んだり、映画や演劇などのエンターティメント作品を見る努力が必要です。漫画家に必要とされる「想像力」や「構成力」は、いろんな作品を見ることで身につけることができるでしょう。構成力というのは、構図のことです。漫画家はあらゆる場面で、どのような構図で描くのか決めてから漫画を描き始めます。漫画家になるにはほかに、人間の動きや表情などを描き分けなければなりません。また、建物や樹木などの背景を描く必要もあります。デッサンなどは、美術大学でも学ぶことができますけど、専門学校の方がより実践的な漫画の描き方を教えてもらえるでしょう。美術大学を出るには4年かかりますが、専門学校の場合は1年または2年程度のところが多いので、短期間で漫画の基礎が学べます。漫画家になるには、漫画雑誌の新人賞に応募したり、出版社への持ち込みなどをするのが早道です。専門学校に通いながら基礎的なことを学び、想像力や構成力を磨いてデビューを考えると良いでしょう。

Copyright© 2018 ギター教室を選ぶ時のポイントを大公開【新しい趣味をはじめよう】 All Rights Reserved.